TOPページ>ドイツ

ドイツの太陽光発電の売電

ドイツの太陽光発電の売電事情についてここでは見ていきましょう。太陽光発電を導入した国のトップとして最初に走り続けていたのはどこの国でもない、ドイツでした。ですがこのドイツが大幅に再生可能エネルギー法を見直したために、太陽光発電を推進する力を縮小することになったのです。売電買取価格をこれまでのものから2割から3割引き下げる、太陽光発電の累計設備容量が5200万KWに達成したら売電の買取を中止するということが決定しました。現在ドイツの太陽光発電の累計設備容量は、2700万kWとなっていますので、目標となる5200万kWになるまで後どれくらいの期間があるのかというと、2016年には到達するという計算で予想されています。ドイツが再生可能エネルギー法を作ったのは2000年でした。日本と一緒で全量を買い取る制度で20年間売り続けることが可能です。補助金もしっかり用意されていたので、ドイツは5年後には太陽光発電の設備容量は世界トップとなりました。ですが太陽光発電で占めている電力量は全体の3.3パーセントで一般の家庭に負担する太陽光発電の設置にかかる費用が高いのがネックでした。これらの不満が今回の改革につながったのです。

ドイツがこうした事態になった理由は買取制度が保証されすぎたことにあるといわれています。買取の価格がとても高く、20年固定での売電なので何のリスクもなく投資することができる家庭が大半でした。そして競争相手もいませんし市場などもないのです。高い売電価格は一般の家庭電気料金に上乗せして収集されています。そして固定売電価格はだんだん下がる仕組みですから、もっと効率がいい太陽光発電の開発をするよりも、今の時点ですぐにでも太陽光発電を取り付けたほうが得となりました。これらのことが長い目で見て太陽光発電産業を縮小させたのです。

このドイツの太陽光発電の売電実情は、日本も同じです。太陽光発電促進付加金という名前で電気代から太陽光発電の普及費用を出しているのです。ですが意識しておくべきは、自然エネルギーは原子力発電、火力発電などこれまでの方法に比べるとコストがとてもかかるという点です。自然なエネルギー社会に移ろうと思ったときに、これまで以上に負担が増えるということになるのは当たり前のことです。必要となるのは太陽光発電を広めることではなくて、市場を豊かにすることにつなげることです。日本はドイツの実情を受け、バランスよく太陽光発電の市場が整うように考えているところです。

太陽光発電の一括見積もりをするならこの3社がオススメ!

タイナビ

タイナビは信頼できる数多い施工業者を持ち、それらの中で一括見積もりを運用する事で、徹底的に価格を安くお客様にご提案!これにより、安く、安心出来る業者選びを可能とします。

タイナビはお客様の立場になり、お客様のペースでご相談、お見積りを対応し、数々の実績を裏付けにお客様と共に歩む施工会社です。安心、信頼、安さを第一に考えてご提案します。

タイナビは特に登録が必要ありません。納得頂けるまでご相談して頂き、その安さと、安心を体感して頂きながら、お客様と共に設備の導入を進めていける太陽光発電の専門会社です。

タイナビではお客様の情報を大事に取扱い、日の当たり状況や屋根の形等、お客様からの情報を元に迅速かつ丁寧、正確に、お客様に合った最適な設備選定と業者選定を行います。

パネイル

パネイルは、たった30秒の簡単入力で最大5社の見積もりが依頼できる一括見積もりサービスです!

パネイルでご紹介している施工業者は厳しい審査をクリアした業者のみです。
1.メーカーの正規施工資格保有
2.保険会社に加入
3.豊富な施工実績がある

パネイルの厳しい審査をクリアした施工業者の販売施工実績は全国で5万件以上あります!

パネイルの顧客満足度は93%もあります。一戸建ての個人宅から産業用のメガソーラーまで幅広く対応していますので、ぜひお問い合わせください!興味があるという方でも気軽に対応してくれます。

グリーンエネルギーナビ

無料で一括見積りの請求ができます。たった3分の申し込みするだけで複数社の見積りがご自宅に届きます。

グリーンエネルギーナビでご紹介しているのは厳しい掲載基準を満たした販売施工業者のみです。

全国に300社以上ある掲載会社の総施工実績は1万1,000件以上あります。実績はバッチリです!

太陽光発電の販売施工会社の特徴や取扱いメーカーなど詳細を掲載!利用者の評価や口コミなども掲載!

国や各地方自治体からでる補助金についても調べられます!補助金制度を利用して太陽光発電のある生活を!

太陽光発電に関するブログやメルマガを配信しています。最新情報を得て、導入の参考にしてください!